VESPA   GTSSuper  GTS250ie  GTV  Primavera  Sprint  LX150/125/50  S150/125/50  PX150/125  LXV125ie  946

Shus Magasin de Moto Web Shop

Gruppo
ピアジオの歴史 ベスパの歴史

PIAGGIOの歴史
1884年
1884年にリナルド ピアジオが20才の時、海軍や鉄道用の運搬付属品の生産を
Sestri Ponenteで始めました。
1901年-1914年
海軍や鉄道用の運搬備品、建設用運搬具や鉄道車両を生産する為の
Finale Ligure工場を購入し、生産設備を拡張しました。
1951-1920年
第1次世界大戦の始まった時に、ピアジオは航空部門に手掛け事業を拡大しました。
そして1917年にはPisaのOneto航空機製造工場を買収し事業を引き継ぎました。
1921-1930年
ピアジオは航空機の設計開発を開始し、最初の片持単葉のP2単発戦闘機を1923年に生産しました。
そしてイタリア王国の議員になったリナルド ピアジオは”ソシエテ アノニマ ナビガツィオーネアエラ”と
呼ばれるイタリア最初の航空会社を設立しました。
 この航空会社はローマとバルセロナ、パルレモを結ぶ路線を持っていました。
Finale Ligure工場にピアジオは初めて航空実験研究所を設立し、 
空気力学テストトンネルや、航空機の機体や浮力を検査する為の液体力学タストタンクを
備え付けました。1929年にはP7競技用水上機がシュナイダーカップ用に製造されました。
 
1924年には航空用エンジンの設計と開発についてイタリアで最も重要なセンターである
Pontederaの工場をピアジオは買収しました。
1931-1937年
ピアジオはコラディーノ ダスカニオによって設計されたバリヤブルピッチ プロペラの
生産を開始しました。P16 Three Engine爆撃機、P23R Threee Engine輸送機は
Finale Ligure工場で製造されました。 1937年、ピアジオ議員としてはジェノア セストリ空港の
建設を援助し、東アフリカに初めて航空機の乗り入れを実現させました。
一方、ピアジオ鉄道部門ではハイスピードの機関車と急行列車の開発を開始していました。
1938-1943年
1938年1月15日セノアでリナルド ピアジオが死亡し、会社は彼の2人の息子に引継がれました
アルマンドはGdnoa-Sestri工場並びにFinale Ligure工場を担当し、エンリコは
PontederaとPisaの工場を担当しました。エンリコは東アフリカにある航空輸送会社の
会長となりました。この時期にピアジオのエンジンを持つ飛行機は21の世界記録を
打ち立てました。例えば、Caproni 161のマリアペッチ大佐の絶対破られる事のない
高度記録(17.803メートル)です。1938年にはP108 Four Engine爆撃機が開発され
1939年には与圧式操縦室のついた最初の商業用飛行機であるFour Engine P108Cが
よって設計されたプロトタイプが製造されました。
1945-1946年
第2次世界大戦後、ほとんど壊滅状態だったPontederaとPisaの工場を再建しなければ
なりませんでした。軽量の車両を開発しようと考えていたエンリコ ピアジオとダスカニオは、
経済的で機能的でかつ安全な車両を作る為に研究を始めました。Ponteddera工場は、
最初の98ccエンジンを載せたベスパスクーターを1946年4月に開発しました。
1947-1957年
この時期にピアジオは飛行機事業を再開し、荒谷Finale Ligure工場を強化しました。
戦後最初の飛行機は、Twin-Engine P136でした。1948年には三輪車APEが
初めて路上に姿を現わし、イタリアを初めとする世界各地で軽輸送を行う際に、
又とない画期的な役割を果たしました。 1949年ピアジオはモスコヌを開発しました。
これはアウトボード マリンエンジンです。1957年にはベスパ400と呼ばれる
軽自動車を開発生産しました。
1958-1959年
ピアジオは業績をあげ、ヨーロパで販売店が4000店増加しました。その結果ヨーロッパでは
販売店が8000店になり、その他世界各国では2000点にもなりました。 ベスパは114ヶ国で
販売され、ライセンス契約を結ぶことにより多くの海外工場で生産され、世界の社会生活面で
需要名役割を果たすようになりました。
又、航空部門では、ピアジオはTwin Engine 166の生産を開始しました。
1960年
ベスパスクーターは1946年以来、200万台以上販売され市場に出荷されました。
1963年
この年ピアジオは50ccエンジンを搭載したベスパの販売を開始しました。
1965年
エンリコ ピアジオは、1965年10月16日ピサで死亡しました。享年60才でした。
その年の初めにピアジオの自動車事業と航空事業は2つに分割され、Pontedera工場と
Pisa工場はPIAGGIO&C.SpA,SestriPonente工場とFinale Ligure工場は
RINALDO PIAGGIO社となりました。
PIAGGIO&C.SpAの会長はウムベルト アニエリが就任しました。
1966年
11月4日の洪水による1m以上の冠水による災害にもかかわらず、従業員の努力により、
わずか5,6日でPontedera工場は再生産を開始する事ができました。
1967年この年、ピアジオは初めてのMopeds”Ciao”を発表、大変な成功をおさめました。
1969年
ピアジオはGILERAと商標と営業権を買取ました。Arcoreを基盤としたこの会社は、
1909年にモーターバイク史上の重要な人物となったジュセッペ ジレラにより
創立された工場です。
1970年
この年ピアジオは新しいMopeds”Boxer”を生産開始しました。ベスパは1946年以来、
400万台を達成しました。
1972年
1972年の出来事はApecarno生産でした。これはハンドルの代わりに自動車タイプの
ステアリングホイールを搭載しています。
1973年
”Bravo Mopeds”が発表され、同時にハイドロジェット マリーンエンジンが発表され、
ピアジオのマリーンエンジン部門を復活させました。
1978年ピアジオは新しいベスパの生産を開始し、1946年以来600万台を販売いたしました。
新しい”CBA”Mopeds125ccのモーターバイクは、GILERAの名前で売りだされました。
1979年
新しく”Si”Mopedsが発表されました。 GILERA125はイタリア モトクロス チャンピオンシップに
優勝しました。
1980年
ピアジオはFiv E.BIANCHIと営業提携及び技術契約を結ぶ事により
自転車部門を設立いたしました。
1981年
1年前にAtessaに設立されたPIAGFIO ADRIATICAは自動車部品の生産を
開始しました。ベスパスクーターは512,730台生産され、年間生産台数としては
記録的なものでした。又、ピアジオはFiv E.BIANCHIを買収しました。
1982年
ピアジオは新しいVESPA PKとAPE TMの生産を開始し、APE TMは”GiugiaroStyling”
として紹介されました。
1983年
GILERAは125cc車をPV,RXとArizonaに変更しました。.
1984年
FINMOTOR SPAが設立され、財務サービス部門でその活動を開始しました。
1985年
経営多角化をはかる為にピアジオはPRO-INDGROUP OF TURINを買収し、
一方ではPIAGGIO ADRIATICAはターボコンプレッサーの生産販売の為に
三菱と契約を結びました。PIAGGIO ADRIATICAの管理はPIAGGIO PRO-INDAに移され、
事業の多角化がはかられました、。”
”Superbrabo”、”VESPA 125 T5””APE TM250”が売りだされ、GILERAは125KK KZを発表し、
イタリアの125cc市場の独占的地位を占めました。
1986年
4サイクル421ccディーゼルエンジン(世界で最も小さい空気冷却ディーゼルエンジン)が、
PontederaでApecar用ディーゼルとして設計されました。
SPANISH MOTOVECPA SA社のもちカブを買収しました。
1987年
ピアジオはスクーター”COSA”を発表しました。これは画期的な技術と設計がされています。
Bravo 3M、Superbrabo 3Mと新しいMopeds”BOSS”の販売が開始されました
二輪メーカーAustrian STEYR-DAIMLERPUCHを買収し
Pontederaにアッセンブリーラインを移転しました。
Fiv E.BIANCHIがCHIORDA SUDとSLIMの部門を買収しました。
CHIRDA SUDはLEGNANDとCHIORDAの商標を使用して自転車を生産し、
SLIMは自転車のフレームを製造するイタリアの主要メーカーです。
1988年
50ccのVESPA 50Nが初めて売りだされました。Umberto Agnelli氏が
PIAGGIO&C.SPAの会長を退任し、代わってGustavo Denegri氏が会長に就任しました。
又、副会長にはGiovanni A.Sgnelli氏が就任しました。
多事業部制の運営についての役割りと責任を明確にするために、ピアジオは二輪及び
三輪車の事業部門を分離しました。これからの事業は新規に設立された100%子会社である
PIAGGIO V.E.SPAに移されました。
 
この会社はPontederaを基盤とし、グループの中心事業を運営する責任を負います。
VESPAスクーターの生産台数は、その最初のモデルが生産されて以来1千万台に達しました。
1989年
1989年1月1日PIAGGIO&C.SPAはPisaを本社とする特殊会社となりました。
この会社は40社を超えるグループの事業戦略、開発、多国籍化をたんとうします。
Grilloモペットは革新的な技術とスタイルで生産が開始され、
VESPA 50A,APE MAX Three Wheelerも生産されました。PIAGGIOグループは西ドイツの
KOLBENSCHMIDT AG(KS)社とPIAGGIO PRO-INDとKSが50パーセント
ずつ出資した合弁会社を設立する契約にサインしました。
そして、水圧ポンプと油圧ポンプを生産する為にフランスのThionvilleni会社を設立し、
そのなまえを”SOCIETE EUROPEENNE MECANIQUE”としました。
 
VESPAの歴史
ニューコンセプトによる新しい二輪車
今から45年前、ベスパ出現は、軽量な個人輸送手段における新しいコンセプトをもたらした。
そのユニークなデザインは既存のモーターサイクルの技術全体を刷新するかにみえた。
ベスパは2輪車でありながら、航空機や自動車のテクノロジーが応用されていたのである。
 
開発の狙いは、だれでも、いかなる用途にでも、ほとんど自動車のように使える2輪の乗り物であった。
安全性や快適性もむろん要求された。通常のモーターサイクルとは異なり、エンジンは、顧客を
ひきつける為の主要素とはなり得なかった。ライダーからは遠く離され、可能な限り覆われていた。
このため単気筒98ccの空冷エンジンは後輪の直前に水平に置かれた。チェーンは使われず、
動力伝達はエンジンと一体化した3速ギアボックスを介して、後輪にダイレクトに行われた。
 
最初のベスパは、金属製のシフトロッドによって操作されるギアボックスをもちい、4500rpmで
最高3.2psを発生するエンジンで70km/hに到達した。フロントサスペンションは従来の
フォークに代わり、車輪の左側にシングルアームで構成された。
 これは航空機にヒントを得たアイデアであり、この方法でホイールの交換が容易になった。
道路の整備がゆきとどいていない時代には、この上ないメカニズムであった
さらに、ベスパのボディは、航空機のようなモノコック構造をとり入れていたのである。
自動車にモノコック・ボディが流行するのはベスパの出現移行である。
 
スティール・パネルは溶接あるいはリヴェットで止められた。燃料タンクは、ライダーの脚の
あいだではなく座席の下に置かれた。だからベスパにまたがることは、たとえロングスカートの
ご婦人でさえも、なんらかさしつかえなかったのである。フロント・シェルとリアの駆動部分との
あいだのプラットフォーム(フットレスト)は、ライダーの脚を防護し、足の位置がさらに
快適になり、荷物をのせることができる。 自動車用と同じ打ち抜きディスクによる3.5x8インチの
小径ホイールは、ベスパの地上高をきわめて低くした。ヘッドライトはフロント・フェンダーに
一体化されこれも従来のモーターサイクルとは異なった印象を与えた。
鋼管製のハンドルバーだけがモーターサイクル的であった。
 
オリジナル・ベスパの最初の大きな改良は1949年に行われた。
エンジン容量が125ccに拡大され、サスペンションは前輪にスプリングがつき、
後輪にはオイル・ダンパーがとりいれられた。ボディ・スタイリングもてがくわえられ、
ギアボックス操作はシフトロッドからケーブルに変更された。 このビックチェンジが実施される前に
1947年にすでにボディ・スタイリングがわずかに帰られていた。このことは、ベスパの外観が
当初から重要視されていたことをうあかがわせる。
ベスパの記録挑戦
営業上の成功を収めたピアジオは、ベスパの性能と技術面における評価を求めた。
1950年から1951年にかけた行われた速度記録への挑戦がそれた。 完璧な空力的ボディで
包まれた125ccのバスパは、2時間のレースで、平均速度130.749km/hを記録したのを
はじめ、8つの速度記録を樹立した。しかもこの中の4つは、175cc級モーターサイクルの
ものよりすぐれていたのである。1950年3月24日、パリにほど近しモンレリー・サーキットが
1950年3月24日、パリにほど近しモンレリー・サーキットが その舞台だった。 
それから1ヶ月後、さらに11の記録が公認された。 距離:50-1000km、
時間3-10時間の長丁場ながら、平均速度は125.713km/hに達した。
 
1951年には、125ccベスパに乗るディノ・マッツォンチーニが最初の1kmを171.102km/hで走破するという
大記録を作った。 1954年までに、ピアジオは唯一のモデルを毎年改良し続けてきたが、
1954年までに、ピアジオは唯一のモデルを毎年改良し続けてきたが、 
この年、ようやく2番目のモデル、150ccベスパの生産が開始された。最高速度は75km/hに
達した。が、ユーザーにとっては十分とはいえず、やがて3番目のGS(グランド・スポルト)仕様が
登場する。このモデルは出力8ps、100km/hをマークした。
 
1956年、ベスパ誕生以来10周年を向かえ、ラインからは100台目のベスパが走り出て祝賀会が開催された。
このころになるとベスパにたいする要望はさらに広がり、より高性能であることにくわえて、
より高効率輸送への期待がふくらみ、多くの企業がベスパ用サイドカーを製造し、いい商売をした。
1959年ベスパのエンジンにロータリー・ヴァルヴを採用、
1960年には、ギアボックスが3速から4速に変えられた。
 3年後の1963年、150のGLヴァージョンが最高級モデルとなった
さらにこの年、50cc/1.4psミニベスパが発売され、14歳以上の
ティーン・エージャーたちを喜ばせた。
この50ccエンジンはきわめて優秀で90ccまで拡大され後には100ccになった。
ベスパの凋落と復活
1965年には”ヌオーヴァ125”がさらに67年には”125プリマヴェラ”がデビューした。
が、この時期、国内市場の経済発展が人々を”ほんものの自動車”に走らせた。
ヨーロッパ全土にわたってベスパの市場が衰退していった。ベスパの最大のライヴァルである
イノチェンティ・ランブレッタなど、他のスクーターも同様だった。
 
しかし、それらが完全に消滅したのにくらべて、ベスパはただひとつイタリアに生き残ったのである。
1967年から77年にかけて、180スーパー・スポルト、180ラリー、200ラリーなどの仕様が発表された
が、この10年間、ベスパの凋落のまっただ中にあった。にもかかわらず、
ピアジオがラインを止めずにすんだのは、モペット”チャオ”の成功によるところが大きい。
会社は余裕を取り戻し、ベスパのデザイン全体を見直して再出発する時間をもつことが出来た。
1977年秋のミラノ・モーター・サイクルショー直前、ピアジオは、P125X、P200Eなど一連の”ニューライン”を発表。
やがてP150Xも加えられた。
新型はベスパの特性を完全に一新し、きわめて現代的な外観にかえられたが、
ベスパ固有のイメージは巧みに維持している。
 
 ホイール径はより大きくされ、ブレーキ性能が向上した。コーナリング時の
操作性も改善され、前輪にショック・アブソーバーが取り入れられた事によって
長距離走行が可能になった。後輪サスペンションも改良され、乗り心地を大幅に向上させた。
そしていま、ベスパは最も今日的な乗り物として見直され、再び世界のアイドルに なり
モーターサイクル王国・日本に輸入され続けています。
本文解説 Mr.G Perini
   

 Web Shop


Vespa MOMO Malossi accessories eni access
PIAGGIO HARISSON GPR U-Bike MOTUL
GILERA Airhaed Akrapovic WAKOS  
DERBI Moschino Leo Vince Sonpo_J  
LML Air Born RPM    
PGO brembo Tucano  
 Malaguti  Cromwell Darts      
Motobecane Ferrari    
PEUGEOT Arai    
 HartFord   ETC    
Leonart   Chrome      
SUZUKI   navi    
HONDA   HID    

 Shus Magasin de Moto
アクセス  問い合わせ 自動車保険 kouchis blog  nobuhiro blog 個人情報/取扱い