ベスパ ご安心ください!
開けたり閉じたりしています。
PX125 Euro3
2016

 VESPA    946  GTSSuper  GTS250ie  GTV  LX150/125/50  S150/125/50  PX150/125  LXV125ie  

TOP 車輛販売 サービス 新着 保険 ブログ アクセス

VESPA LOGO
PX eachpart


ベスパのクラシックモデル PXシリースが復活エミッションEuro3をクリアしての発売

PX Euro3モデルは4スピードマニュアルギアを備え、伝統のクラシックデザインが現代に生きる

 
 ● PX Euro3
 ボディーパーツがクラシックスタイルの個性的美しさ はもちろん インナーも外装と同一色に塗られ
 高級感溢れています。
 伝統スタイルを守った大人のクラシックモデル ベスパPX Euro3

PX Euro3 
Attention

 近代環境にあわせて細部に手を入れ造られてきたPX
 路面コンディションの良い日に
PX Euro3を走らせてみる

 PX 125
1977年発売以来伝統のクラッシクデザインが
 現代に生きる堂々のスタイルで
街中での注目に応えられる
 ロータリーバルブ、CDI点火ハイパワーエンジンの出力は
 無駄のない駆動系設計によりダイレクトにアクセルから
 後輪に伝わる
    ダイレクトトランスミッション
 フロントディスクブレーキ装着により車体イメージ以上の
 スポーツ走行を楽しむ事が出来る
 PX Euro3 モデルは、ディスクブレーキをフロントに採用の他
インスツルメント、ハロゲンヘッドランプ(コンプレックス レフレクター採用)、シート等 オリジナルデザイン
New Saddle   New Steering Cover   New Central Footrest   New Badges

PX Euro3

 PX Euro3の各部を見てみる

 大きい丸型ヘッドライトはボディ形状にぴったり
 外部からの光軸の微調整も可能で
 ハロゲンバルブが装着されています。
 Euro3 ポジション同時点燈なっています。
 ボディーフロントには、ベスパ ロゴマーク
 中央ホーンカバーには、ピアジオ ロゴ
 モノコックボディーのフロントレッグまわりには
 ウインドシールド ビーズが標準装備されています。
 
 きれいにアールを描いた成形
 ボディーカラーと同色
ホーンカバーノーズ
 フロント レッグシールドにフロントウインカー
 レンズはクリア、バルブはアーバン、
 
 PX 純正付属ミラーを装着変わらぬスタイルは
 ハンドルカバーアッパを貫通しホルールド
 クローム仕上げの長く伸びるミラーバー
 仕上がりの良さから美しく輝く
 
 近代ベスパの車両に装着されている
 握り具合の良い径、硬さのグリップ

 VESPAロゴ入り
 
 
 赤針の計器パネルにはアナログ表示の燃料計、
 アナログ表示スピードメーター
 オドメーター左右インジケーターはウインカー、
 燃料、ライト点灯、Hiビーム
 レッグインナーにメインキーSWはON, OFF, LOCK
 下方にグローブボックス
 
 PXのキーイグニッションS/WイグニッションスイッチにOFF状態から
 メインキーを差込時計回りにまわしONのポジションにする事により
 電源を入れる事になります
 又、OFF状態からハンドルを左にいっぱいにきり、
 メインキーを反時計まわりにまわし、抜き取ることにより
 ハンドルを固定させ盗難抑止に使用できる
 
 グローブボックスグローブボックスの開閉は
 レバーの押し下げで開き、
 ボックスのフタを押すことによりしまります又

 メインキーにより開閉レバーをロックできます
 イグニッション、ハンドルロック、
 グローブボックス、 シートロック、
 全て一つのキーで操作できます
 
 グローブボックス内広々したボックス内には
 様々な物が収納できます

 又 アクセサリー電源が設置されています
 ホーンブザーが容易に接続でき、
 他のアクセサリー電源の利用もできます。

 
 運転操作に必要な機能パーツが引き継ぎ
 クラシックスタイルで備え着けられています

 左ハンドルレバーは動力の伝、断の
操作に
 必要な
クラッチレバー
 ハンドルグリップラバーにはVespaロゴ
 右ハンドルレバーはマスターシリンダーの
 油圧をブレーキキャリパーに伝える重要な
 フロントブレーキレバー
 ハンドルグリップラバーにはVespaロゴ
 
 PXの右ハンドルウインカースイッチ点滅表示は
 メーターパネル内インジケーターに表示されます
 右ハンドルコンビネーションスイッチスイッチ
 左にヘッドライト、ポジションライト切替
 中央にヘッドライト(前照灯)Hi、 Low切替
 右にホーンボタン下部に始動時に使用する
 赤いセルスタートボタ
 
 伝統的なスタイルのハンドチェンジ
 左ハンドルにシフトポジションが表示されている
 左手ではレバー、シフト、ウインカーの操作走行
 右手では速度調整のアクセル操作、
 フロントブレーキレバー
 各種保安機能の操作を
走行中行います
 エンジン始動にはセルスタートとキック法式併用
   
ハンド シフト チェンジ エンジン始動
4速のミッション、ギアを見た目にも美しく選択操作し 燃料コックの確認、ギアニュートラルの確認、
クラッチレバー操作との一連動により イグニッションキーの位置確認をし
快適に走行運転できます エンジン状況に応じてチョークレバーを使用し
左ハンドルスイッチ 上面にギアポジションの表示があります 左レバー操作(クラッチを切った)したまま
1 表示  1速ギアの目安表示 アクセルは全閉状態で
表示  ニュートラル 右ハンドル赤いセルスタートボタンを押して始動します
2 表示  2速ギアの目安表示 *便利でスタイリシュなキックペダルでの始動も可能です
3 表示  3速ギアの目安表示 *キックペダルを踏んでの始動時はクラッチレバーは
4 表示  4速ギアの目安表示 握る必要がありません
 
   
 PXのフロア元フロアボディーには
 中央にベスパフラップが張られ
 左右ステップフロアには、ストライプマットが
 張りめぐらされています
 右足元に右足元にフットブレーキレバ
 フットブレーキレバーハンドチェンジであるから
 リアブレーキは伝統あるフットブレーキ操作
PXのテールクラッシクスタイルのテールレンズ
テールライト、ブレーキランプのコンビネーション
テールライト、ブレーキランプのポジションを
区別するように立体デザインされています
  
 ボディーカバーに装着されているリアウインカー
 レンズはクリア、バルブはアーバン
 
 スポーツ感覚のおしゃれなNewドライブサドル  スポーツ感覚のお洒落なサドル
 二人乗りシート タンデムベルト装着
   
 シート地とハンドステッチの組み合わせにより
 高級感をも演出しているNew PX
 上げお越し式、シートロック機能(鍵付き)
 メインキーを差込み、右に回すとロック解除でき

 そのままロックを押し持ち上げるとシートは開
 *一つのキーでイグニッション、ハンドルロック、
 グローブボックス、シートロック、全て操作できます
   
 PXのドライブサドル下中央に燃料タンク給油口、
 エンジンオイル給油口燃料タンク内8Lの
 燃料(ガソリン)が納まり
 エンジンオイルタンク内には2ストロークオイルを

 適量レベル常に確保しておきます
 eni
 左右ボディーのカウル取り外しロックレバー
 メンテネンスに必要な脱着式ボディーカウル
 レバーの操作で脱着します
 左右ヘルメットのホルダーも装備
   
PXサドル手前下に  
バッグフックはコンビニフックとしての利用にも便利です  
簡易的なものでロック機能は在りませんが  
クイックに使用でき大変便利です  
燃料コックはON,OFF,の切替ができます  
冷感時等に使用する チョークレバーも操作し易い  
装着されています  
   
 フロントフェンダー(バンパー)は
 綺麗にボディーと同色に塗られています

 中央にメッキモールクレストが装着
 
 
 航空力学からフィードバックされた片もち式の
 フロントサスペンションは乗り心地が
 最高レベルに達するハイドロリックダンパー
 コイルスプリング

 車両性能にあわせたフロントブレーキは、
 フロントホイール10インチ、ホイールタイアは
 3.50-10が装着ミシュランタイアが装着

 
 リア、ホイール10インチ、タイアは3.50-10が装着
 ハブと合わせた3ピースホイール
 ミシュランタイアが装着
 リアブレーキは機械式ドラムブレーキ
 フットブレーキレバーにより作動します。
 左右リアボディーのカウル
 リアウインカー装着したまま脱着可能
 給油時同様にシートあげた状態で 
 給油口前方にあるレバーを手前に引き

 各固定フック、ピンを順よく外せれば
 両サイドのカウル全体は車体から離れます
 各部装置のメンテナンス時に必要な作業です。
PXのフットレバー 左右リアボディーのカウル
車体右後方部エンジン、ミッションユニットに リアボディーのカウルはウインカー装着のままで脱着可能
取り付けられています。 給油時同様にシートあげた状態で 給油口前方にある
燃料コックの確認、ギアニュートラルの確認、 レバーを手前に引き 各固定フック、ピンを順よく外せれば
イグニッションキーの確認など 両サイドのカウル全体は車体から離れます
タイミングの良いところで踏み下ろせば 各部装置のメンテナンス時に必要な作業です
容易にエンジン始動できます  
 左ボディーカバーを取り外すスペアタイアカバー
 とタイア取付ボルトの取り外しにより
 使用できますので 急なトラブル時には
 力強くボディーウエイトバランスも保ちます
 右ボディーカバーを取り外すと
 エンジンミッションユニット カタライザー付

 2ストローク空冷単気筒

 ロータリーバルブ3ジェットポート、
 票準装備のセンタースタンド
 リアウエイトを利用して容易に操作できます。
 しっかりと車体を支えられます
 エンジンエキゾーストシステムカタライザー付
 Euro3 環境問題、規準を守るサイレンサー

 PX Euro3 各部を確認して見てみる

PX125 Euro3 を確認して見てみる

PX150 Euro3 Touring 各部を確認して見てみる

PX150 Euro3 Unita'd'Italia 各部を確認して見てみる


   
Cha 50s 100s ET3 ET4 P PX LX GT


Web Shop  

IMPORT VESPA KYMCO PGO LML SZUKI HONDA  Malaguti
MOMO HARISSON Airhead Tucano GIVI ETC Sonpo_J U-Bike
Malossi  Akrapovic Leo Vince REMUS MOTUL eni  WAKOS MCP
 
保険: 特定商品取引法: 古物商許可書 埼玉公安委員会 第431080010096号 小型自動車分解整備事業認証番号 第4-5756 自動車公正取引協議会会員